水素水は免疫応答の調節に重要な役割を果たす

水素水は免疫応答の調節に重要な役割を果たします。水素水でアレルギーやアトピーの症状が軽減することができます。

水素水は免疫応答の調節に重要な役割を果たす

アレルギーやアトピーの原因は外からの外的因子に対する過敏な反応によるものであり、肌が赤くなってしまったり、痒みが生じたりといった様々な症状が生じます。

日本では花粉症は最も多くの人が悩まされているものの一つであり、くしゃみや目のかゆみ、頭の重さなどに苦しまされている人も多いでしょう。その解消をするために水素水を飲むのが良い対策になります。

アレルギーやアトピーでは体外からアレルゲンなどの刺激になる外的因子が侵入してきたことに対して免疫反応が起こるのが原因となって症状が生じます。アレルゲンなどの刺激に対して、外敵であるとう認識をすると免疫系の細胞であるマクロファージやナチュラルキラー細胞が攻撃することによって排除を試みるのが免疫反応の初期に起こることです。

本来はこの免疫応答によって病気の原因となるような細菌やウイルスが排除されて、感染防御に働いています。この際に多数の病原体に対して対抗できるように、免疫系の細胞はシグナルを出して周囲にあるマクロファージやナチュラルキラー細胞を活性化させて免疫応答を開始させ、最終的には応答が落ち着くというのが基本的な生体防御の仕組みです。

しかし、このシグナルの中には痛みやかゆみなどを伴う炎症反応を引き起こすシグナルも含まれているため、外敵が侵入してきた際には多かれ少なかれ炎症反応が起こります。その応答が大きくなってしまって症状が生じるのがアレルギー反応やアトピーの症状につながっているのです。このような免疫応答の制御がうまくいかなくなってしまっている状況から脱却すれば症状に悩まされないで済むようになると言えるでしょう。

水素水は免疫応答の調節に重要な役割を果たします。

免疫応答を開始させるように免疫系の細胞が発するシグナルの一つとして知られているのが活性酸素だからです。活性酸素はそのものが外敵への攻撃分子としても機能しますが、反応性の高いものは特に身体を傷つける原因ともなってしまいます。この活性酸素を除去できるのが水素の特徴であり、水素水を飲んでいるとアレルゲンなどの刺激を受けて応答が開始されてしまっても、その後の免疫応答のシグナルが弱められるために炎症反応は温和になるのです。

もともとアレルゲンに対しては特別に免疫応答を行う必要がないため、速やかに炎症を鎮静化させてしまっても全く問題がありません。水素によって活性酸素を除去すると、不要な免疫応答の増幅を抑制してアレルギーやアトピーの症状が悪化するのを防ぐことができるのです。

症状を軽減できる度合いは人によって異なりますが、もともとアレルギー症状に悩まされていた人が全く症状を感じなくなったというケースもあります。アトピー肌でいつも困っていた人がきれいな肌を手に入れるのに成功したという場合もあるのが事実です。個人差こそあるものの、水素水を毎日欠かさず飲んでいるとアレルギーやアトピーに悩まされにくくなるでしょう。

ガウラの水素

公開日:
最終更新日:2017/01/14